みどる山の会では、里山ハイキングから中央アルプスのハードな登山まで・・・様々なレベルの登山を年間約150本前後、計画実施しています。

 

自分の体力や技術、ライフスタイルに合わせて登山を楽しむことができるのが、当会の特徴です。

会が一番大切にしているのは、「安全登山」

「登山は初心者なので不安」という方でも、各種安全教室を定期的に開催していますのでご安心ください。

 会員は久留米市を中心に、鳥栖市・筑紫野市・小郡市・うきは市・八女市・筑後市など広範囲から集まり、年齢も30歳代~80歳代の幅広い年代の方がいらっしゃいます。登山を通して、沢山の方々との交流が楽しめます。

 みどる山の会は、福岡県勤労者山岳連盟に所属しています。

 


会員募集について

毎月の入会を受け付けています。入会希望の方のご連絡をお待ちしています。

詳しくは、新入会員募集のページをご覧ください。


よくある質問・お問い合わせ

Q:どんな山に登るの?

Q:登山にかかる費用は?

 



最近の山行


2月21日 九州オルレ・八女コース

福岡県は緊急事態宣言中のため、みどる山の会では県外の山行は現在中止。でも里山や近場の山を楽しみながら歩いています。

今日は、うららかな日差しの中、八女オルレコースを歩きました。八女の緩やかな地形の自然と、壮大な茶畑、いくつもの古墳などを巡り歩き、心も解放される感じです。梅、蝋梅、椿、菜の花、道には綺麗なお花も一杯でした。37期の方々も交えて、和気あいあいと歩きました。

歩いた距離:11,7Km  活動時間:5時間

 


12月20日 一番水登山口から牧ノ戸へ

今日は、雪の九重連山へ

一番水登山口から鳴子山への急な登山道は、低い気温でも暑く汗が出るくらいでした。山頂からは、雪化粧した大船山を眺め、東千里が浜から御池へ・・・雪は少なかったのですが、しっかり凍っていて氷上を歩くことが出来ました。時間がなく星生山には登れませんでしたが、山々の冬景色を楽しみながら牧ノ戸へ縦走しました。

歩いた距離:8,4Km


最近の山行一覧表

R2年12月~R3年1月の山行です。

R3年1月より緊急事態宣言が出たため、県外の山行は中止になりました。


地元の山を大切に!

みどる山の会では、毎年「四季の森ふれあい教室」として春秋の年二回、高良山の清掃を市民のみなさんと共に行っています。

 

2020年の春の高良山清掃ハイクはコロナ感染症拡大防止のため中止させて頂きましたが、秋はみどるの会員のみで清掃ハイクを行いました。コロナ終息の折には一般参加の募集も再開する予定です。
 


 各種安全教室

登山は、自然と触れあえる健康的なスポーツですが、危険と隣り合わせの部分もあります。会では、安全な登山を行えるよう様々な講習会を行っています。




会員専用ページ

ホームページを利用した山行案内や山行参加者の募集が出来るようにならないか?模索中です。